フィッシングマックス|月別アーカイブ

フィッシングマックス|カレンダー

  • 2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • フィッシングマックス|ランキング

    フィッシングマックス|お客様釣果情報

    フィッシングマックス|最新釣果情報

    2019/10/08 13:22
    船釣り

    シマノスタッフ様より船タチ釣果!

    シマノスタッフ 小林様・山本様より

     加太 三宝丸の釣果を頂きました。 以下レポートです。

     

    男二人で、タチウオキングバトル&タチウオ甲子園に参加してきました!

    周りはタチウオ猛者だらけ、、、ですが、一緒に行ったYさん12匹で両予選通過!

    私の方は5匹と低迷、、、サーベルマスター船テンヤ・ゲキハヤでアタリ連発でも掛けれず、修行が足りませんでした(笑)

     


    ・テンヤとエサ・・・事前情報からテンヤは、

    サーベルマスター船テンヤを使用し、頭ありとイワシと頭なしのイワシでスタート。

    【当日の釣りの展開】
    ・棚・・・底からスタート(アタリは底から5m~15mに集中)。海底は70m前後(釣り場はアカマツ?) 
    ※中層(40m~50m)を何度が探ったが、アタリは皆無でした。
    棚決めは、探見丸CV-FISHを頼りに♪
    ※フォースマスター600なら簡易魚探も付いている優れもの♪

    ・誘い方・・・終始、ゆったりとしたストップ&ゴー(アタリは止めている時に多かった)

     

    ※フリーフォール中に掛けたタチウオが12匹中2匹。

    ハリガネは、終始、密ではなく緩やかに巻いたものを使用。
    ※ハリガネを緩やかに巻いたことが功を奏したのか、ドラゴン級を2匹釣ることができた。
    ※私は、普段、ドラゴンを釣ることが少ないです。(普段はハリガネを密に巻いていました)

    ・ロッドは、サーベルマスターSS 82HH170をチョイス。私の釣り方にあっているベストな調子。アワセを入れてからテンヤが動くレスポンスが一番速い。
    ・アワセのタイミング・・・小さなアタリがあれば、すぐにハンドルを巻き、巻掛けスタイルで攻めました。【食上げのアタリ(大きい)があれば、反射的にロッドを大きく竿を合わせてました(笑)】
    ・かけ損ねてからのリカバリー・・・上に誘わず、5秒ほどステイで、ズドンとロッドが数度(1~2回)入ることがあった。
    ※リカバリーが成功したのは上記のみ。上にゆっくりと誘ったものは成功率ゼロ。