フィッシングマックス|月別アーカイブ

フィッシングマックス|カレンダー

  • 2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • フィッシングマックス|ランキング

    フィッシングマックス|お客様釣果情報

    フィッシングマックス|最新釣果情報

    2019/11/30 15:05
    船釣り

    鳴門でのませヒラメとチョクリマダイ!!

    11月26日 淡路島にのませでヒラメ、チョクリでマダイを釣りに行きました。

    今回お世話になったのは福良港から出船する【明陽丸】さん
    (お問い合わせ 090-8652-7553)

    朝7時に出船。
    朝一はチョクリ仕掛けにてマダイ狙い。
    仕掛けはかわせみ針の【チョクリ仕掛け Bタイプ】を使用。オモリは40号。


    予約時に船頭に確認するとこの仕掛けが一番食うとのこと!
    全長が長いので下の針を何本かカットして使うのもありです!
    全長が短いCタイプもあるのでこちらもオススメ♪

    釣り方は仕掛けを底まで落として、後はゆっくり巻いてくるだけ。
    船頭曰く、「タイサビキよりちょっと早い目に巻くと良い」とのこと。


    この日は電動リールを使用。
    シマノなら5から8ぐらい、ダイワなら6から8ぐらいのスピードで巻いてきます。
    竿は史上最強の万能ロッド、ダイワの『リーディング73-185MT』を使用。

     

    明陽丸はマグネットが船べりに装備されているので
    初めてのサビキやチョクリでも仕掛けがぐちゃぐちゃになりません。

    魚探で反応が出ている所を流しますがアタリがありません。
    9時頃になり、のませに良い潮に変わるとのことでここからはのませでヒラメ狙いです!

     

    チョクリ仕掛けは後程使うので仕掛け巻きに巻いて置いておくと良いでしょう。
    そのあたりも船頭がアナウンスしてくれます。

     

    のませでは生きたマイワシを使いました。


    今年はマイワシが少なく、無くなり次第活きエサはアジに変わるようです。

    【銀平 大】もヒラメに効きそう、次回試してみます。

     

    ヒラメの仕掛けはトリプルフックのものを使用。オモリは50号。

    ささめ針の「実戦 トリプルヒラメ」やハヤブサの「船極 ヒラメ」などが

    ベーシックで使いやすいでしょう。

     

    開始早々、1投目で神戸ハーバー店岸本が本命のヒラメをゲット!!

    俄然やる気が出ます!

    そうしていると私にもアタリが!!

    竿がグッと入ったところでアワセましたが乗らず、、、。

     

    気を取り直してアタリを待つとまたアタリ!!

    次はしっかり待ってフッキング成功!!

    しかし引きが違う気が、、

    上がってきたのは50cmぐらいのハマチ笑

    岸本がまた大きく竿を曲げています!

    なかなか上がってこなかったのでブリかサワラを期待しましたが

    大きなサメ!!!笑

    岸本はワニゴチも釣ってました。

    ヒラメの潮が無くなり、チョクリマダイを再度やることに!

     

    1流し目から魚探に良い反応が出ています!!

    船頭も「これは食うぞ~、食うぞ~」と。

    するとついに食ってきました!チョクリマダイ!!

    40cmぐらいの綺麗なマダイ!!

    マダイってなんだか釣れると嬉しいですね笑

    このポイントが良かったがサイズは小さいですがマダイを追加!

    チョクリマダイを十分に楽しめました♪

     

    最終的にヒラメ1枚、ハマチ1匹、マダイ5匹、ワニゴチでした。

    久しぶりに『明陽丸』さんで釣りをしましたが

    少人数でゆっくりと楽しめるのでやっぱり良かったです。

     

    これからはのませでヒラメやブリ、チョクリやサビキ、タイラバでマダイ、

    更にサビキでメバルやトツカアジも始まります。

     

    フィッシングマックス芦屋店では

    今回使用したヒラメ仕掛けやチョクリ仕掛けを豊富に取り揃えております。

    人気のかわせみ針の「チョクリ仕掛Bタイプ」や「チョクリ仕掛けCタイプ」

    今のところたっぷり在庫がございます。

    例年品切れ必至ですので在庫があるうちにご購入ください。

     

     スタッフ 山本剛