フィッシングマックス|月別アーカイブ

フィッシングマックス|カレンダー

  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • フィッシングマックス|ランキング

    フィッシングマックス|お客様釣果情報

    フィッシングマックス|最新釣果情報

    2018/11/20 22:03
    船釣り

    【激アツ船タチウオ】ぐるぐるサンマ大活躍!!

    11月20日(火)、泉佐野食品コンビナートより出船の菊川渡船さんにお世話になり、只今確変継続中の大阪湾船タチウオへ♪

     

    いつも通り五時半に出船。

    そして洲本沖へ小一時間クルージング、かと思いきや、この日は北風予報が強く、それを避ける為に神戸沖へ向かうとの事。。

     

    ですが、どちらのポイントも絶好調なので期待しつつ準備します。

    アタリの数がハンパないと予想されるため、エサは【マックスオリジナル】ぐるぐるサンマパープル

    メインに使用ヽ(^o^)丿

     

    40分ほどでポイントに到着。

    空はまだ夜明け直前で海の中はローライト。

    そんなときに使って頂きたいのがコチラ♪

    【ルミカ】テンヤホタル(`´)

    写真のとおり、ワンタッチでテンヤの針に直接取り付ける事が出来るため、釣りスタート直後の暗い海でもアピール抜群♪

     

    ちなみに、この日の初ヒットは赤ケミでした!(^^)!

     

    完全に明るくなったのでいつもの様にテンポ早目のジャークを入れつつ電動微速巻きで探っていきますが、、、

    洲本沖のようにアタリまくってくれません(/_;)

    それどころか、アタリも少なく、アタっても本アタリが本当に小さく、何とかして掛けてもすぐバレてしまうという超悪循環に…笑

     

    その間に同行者はホイホイ釣っていくのですが、私だけひたすら苦戦してしまいました。

    もうかれこれ8回はバラしてしまったでしょうか、気づけば九時に。

    まだクーラーにはタチウオ三本。本当にまずいです!(誰しもこんな時はあります。笑)

     

    ここで今回、気分転換にと持って来ていた7:3調子竿の手巻きタックルにシフトチェンジ。

    しっかりボトム付近(70m前後)まで落とし、スローめのストップ&ゴーを徹底。

    すると。。

    ようやく釣れてくれました(ーー;)

     

    そしてここから時合いに突入し怒涛の巻き返し!!

    70mラインに群れているタチウオをストップ&ゴーでひたすら釣る作戦に。

    ここでエサもぐるぐるサンマに変更!

    もう棚に落とせば必ずアタるという確変状態!

    サンマのエサ持ちも相まって一気に数を伸ばし、ものの15分で9本キャッチに成功!(^^)!

    しかもエサの交換一切なしというサンマのありがたさ!!

    ここまでカスカスになってもまだ釣れました。

    ぐるぐるサンマ恐るべし!!笑

     

    手返し重視で釣りまくったので活かしはタチウオでいっぱいに…笑
    終盤にはタチウオの尻尾をエサにするほどの余裕が生まれる程の高活性でした♪

    しかし、そんなお祭りも長くは続かず、終了が近づくとまた活性が落ち着き、そのまま納竿となりました。

     

    最終釣果は25匹。

    一応自己ベストでしたが、確実にもっと釣れたので不完全燃焼感が否めません…

     

    それでも今回、気づいたことが。

    それは、あえて手巻きリールを使うメリットです。(あくまで個人的にですが)

     

    まず、当たり前ですがヒットしてからのやり取りが手巻きのため、格段にバラしにくいという事!

    タチウオが抵抗すると同時に巻きスピードも緩くなるため、ほぼ自動的にタチウオの引きをいなせている感覚です。

    (電動の場合、魚の引きに合わせて巻き上げスピードをダイヤルで調節しながらやり取りするので、どうしてもラグが発生しバラしてしまう事があります。)

    その上竿が柔らかいとなおさらバラしにくいです(`´)

     

    そして、電動タックルよりもフッキングが決まりやすかったこと。

    電動リールよりはるかに軽いために竿とのバランスが良くなり、フッキングの力を竿先までムラなく伝えられます。

    電動だと手元が重すぎて、竿先までしっかり力が伝わる野がどうしても少し遅れてしまい、その隙にタチウオがテンヤを離してしまっていると考えます。

    その点、手巻きタックルではアタリを感じてからフッキングに至るまでの時間が短いので、フッキングが決まりやすいのかなぁと思いました。

    (あの邪魔な電動コードが無いというのもかなりプラスポイントです!笑)

     

    最後に、この日のようにストップ&ゴーがアタリパターンの日は手巻きリールの方がはるかに誘いやすいという事です。

    当たり前ですが手巻きだと等速巻きがとてもやりにくいです。(竿先もぶれる為アタリも分かりにくい)

    しかし、ストップ&ゴーなら、ちょっと巻いて止める、ちょっと巻いて止めるの繰り返しの為、その軽さと相まってかなり誘いやすいです(`´)

    30mスローに誘いあげても、ほとんど手が疲れませんでした。

     

    もちろん巻くのがしんどい等デメリットも沢山ありますが、船タチウオ=電動タックルというイメージを持ちすぎるのもあまり良くないのかなぁ、と思いました!

     

    また今回、イカメタル等の船小物用リールを使用しましたが、パワー負けすることは全然なかったです!(^^)!


    あえての手巻き船タチ、是非一度試してみてはいかがでしょうか!!

     

           ~使用タックル~

    【電動タックル】

    ロッド:ダイワ リーディング 82-MH185-MT

    リール:シマノ フォースマスター 401

    ライン:PE2号

     

    【手巻きタックル】

    ロッド:シマノ ライトゲームSSモデラート Type73H255

    リール:シマノ バルケッタ 301HG

    ライン:PE2号

     

     

     

    上野芝店では、年末セールが終わるまでの間、船用両軸リールを10%OFFにてご用意しております(^o^)丿

    メーカー定番の電動リールから新製品の【シマノ】フォースマスター600、600DHはもちろん、手巻きリールも10%OFF!!

     

    この機会に船タックルを揃えてみてはいかがでしょうか♪

     

     

    上野芝店 永井 072-277-9696

     

    菊川渡船さんの情報は

    ↓↓↓

    こちら