フィッシングマックス|月別アーカイブ

フィッシングマックス|カレンダー

  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • フィッシングマックス|ランキング

    フィッシングマックス|お客様釣果情報

    フィッシングマックス|最新釣果情報

    2017/11/10 14:13
    船釣り

    船タチの革命!三宅式タチウオテンヤ『タッチポン』ご紹介

    船タチウオ釣りのタンヤに革命的なアイテム登場致しました!!

    image (1)

    三宅式タチウオテンヤ『タッチポン船』

    何が凄いのか!?エサのイワシの付け替えが面倒な船タチウオ釣り。

    その煩わしさを解消し手返し良く爆釣タイムを逃さないテンヤがこの『タッチポン』

    IMG_5114

    開発者の三宅さんと実際に釣りご同行させていただきました。

    実際釣りをした感想は『イワシを付け替えが簡単』というのが一番印象に残りました。

    釣れた時イワシがぼろぼろでほとんど無くなる事多いですがこの『タッチポン』は

    残る事多いです。

    アタリをすかしてもチャンス継続し数釣りに貢献してくれます。

    IMG_5016 IMG_4994

    このように喰われても比較的イワシ付いたまま上がってきます。

    IMG_5031IMG_5094

     釣れてからが最大の魅力でイワシの付け替えが簡単に行えます。

    IMG_5115 IMG_5116

     串にイワシのお尻アタリをぶすり。

    IMG_5118

    少しイワシをそらしぎみに串をイワシの頭までぶすり。

    IMG_5119

    下の串に胴体をぶすり。

    IMG_5124

    頭の付近にあるバーフックを掛けて

    IMG_5125

    完成♪平均時間は15秒です♪

     

    通常のテンヤはこのようにぐるぐるとエサ巻きステンレス巻く時間がありますね。

    DSC_1211-e1471607273489

    もちろんエサの付け替え時もエサ巻きステンが邪魔し時間掛かります。

    『タッチポン』ならそのわずらわしさが一切なし!!!

    IMG_5069

     この様にぼろぼろのイワシは付け替えしなくてはいけません。

    『タッチポン』なら誰でも簡単♪

    IMG_4974

    付け替えが簡単だけでなく釣れる要素満載に考えられたアイテムです。

    テンヤの角度や夜光の畜光具合、針の強度に至るまですべてにこだわりが詰まっています。

    IMG_5114

     

    ここがスゴイ①

    エサ巻き針金一切不要の『三宅式エサ巻き針金レスシステム』

    動画では約15秒でイワシのセットが完了していましたね、対する従来の針金式は30秒以上と圧倒的な違いでした。

    さらに、エサ(イワシなど)の取り外しはなんと2秒以下のスーパーウルトラ早業!

    タチウオに噛まれてグチャグチャになったイワシから針金を外す時のストレスが一切ありません!

    今までに無いストレスフリーな手返しの速さを実現しました!

     

    ここがスゴイ②

    違和感なくタチウオの警戒心を極限まで軽減させてシッカリと誘惑しちゃう

    『どこから見てもエサシステム』

    ワンタッチでも、エサ(イワシ)の周りにいろんなパーツが付いていてはタチウオに違和感、警戒心を与えてしまい、一長一短になってしまいますよね。

    そこで試行錯誤の末に完成した、違和感がなく、簡単で誰でも正確に素早くイワシをセットできる『どこから見てもエサシステム』は、360度どこからみても艶めかしいイワシだから針金を嫌い喰い渋る太刀魚にも違和感を与えない釣果に差がでてくるシステムなのです。

     

    ここがスゴイ③

    船上のトラブルレスがいかに大事かを感じながら開発した

    『3点式(縦・横・頭)固定システム』

    この部分がタッチポンの心臓とも言える部分で、まさにここがPAT.P、エサ巻き針金を巻かなくてもこの3点でシッカリとエサ(イワシなど)を固定できるシステムで、場所移動前の早巻き回収時や、しゃくり釣りの時などにもテンヤに付いているイワシが傾きにくい設計になっています。

    さらに、乗合船で釣りをする場合、仕掛けが絡んだ時の外しやすさが重要だと三宅商店は考え、エサをセットしたときに表に出ているパーツ頭部ストッパー部には細心の注意を施しています。
    ストッパーの突起部分は、ラインが絡まないように角度を付け、さらに、隙間にラインが入らないように溶接処理まで施されており、船上のトラブルレスがいかに大事かが考えられたこだわりのパーツ造りがされています。

     

    さらに、ヘッド部の形状もテンヤをしゃくり上げた時に、大きくダートアクションを起こさないように設計されており、乗合船でも安心してトラブルを最小限に抑えて釣りを楽しむことができます。

     

    ここがスゴイ④

    フックをタチウオにシッカリと貫通させることで魚のバラシを防ぐ

    『ハイレスポンスプラス10度システム』

    ヘッド(頭部の鉛)部の糸を結ぶアイでテンヤ全体のバランスを水平に取るこだわりの設計に加え、テンヤ針だけをプラス10度上げているために、レスポンスが良く、フッキングしやすい『ハイレスポンスプラス10度システム』。

    フックをタチウオにシッカリと貫通させることで魚のバラシを防ぐというコンセプトです。

    動画ではカワイイ太刀魚のぬいぐるみで解説されていたのでわかりやすかったのではないでしょうか?

    船タチウオの最終系テンヤ!といっても良いでしょう♪

     

    『三宅式ワンタッチタチウオテンヤタッチポン船』は2017年11月中旬発売予定

     

     

    三宅商店HPは画像クリック↓

    image

    詳しくはこちらの動画で!!

     

     

    スタッフ  松澤