カワハギ | 料理魚種 | フィッシングマックス 関西の釣果|大阪・神戸・和歌山の釣果情報

こだわり魚料理

当コーナーで紹介するレシピは、釣った魚を氷等を入れたクーラーで保存状態よく持ち帰った前提での料理法です。
特に、刺身などの火を通さない料理においては、保存状態の悪ければ食当りなどの原因になりますので十分ご注意ください。
万が一、食当り・食中毒などの症状が出た場合でも、当社は一切の責任を負いません。

カワハギの釣り教室

カワハギの釣り教室

グルメ豆知識

関西の釣り人は、カワハギとウマズラハギの総称して「ハゲ」と呼ぶ。カワハギはキープ、ウマズラはリリースする光景もよく見かける。
カワハギの肝の美味しさは有名で、秋から冬にかけてのカワハギにはこの肝がついてくる。
ウマヅラとの違いは、なんと言ってもこの肝の差だろう。そのまま食べてよし、煮てよし。肝醤油にして刺身につけても絶品である。
身は、フグに似ており白身で脂肪は少なく、身離れがよい。簡単に皮が剥げる(名前の由来)ので捌くのが苦手な人でも料理がしやすい。
ウマヅラがやや大味なのに対し、カワハギは身にコクがあり、お造り、煮付けにすると味の差が分る。鍋にすると差は感じないので ウマヅラの場合は鍋が良い。カワハギは手の平サイズが多く、形も手の平のように丸いので「丸ハゲ」とも呼ばれる。色はこげ茶っぽい。
一方、ウマヅラはまさしく馬のように顔が長く、白っぽくほっそりして、30cm級が釣れることもよくある。

オススメ料理

刺身(肝和え)、鍋、煮付け、、唐揚げ、干物

マックスくん