フィッシングマックス|モバイル会員
フィッシングマックス|ルアーページ
フィッシングマックス|webショップ
フィッシングマックス|テンヤ
フィッシングマックス|免税店
フィッシングマックス|岸和田渡船
フィッシングマックス|詳細釣果一覧

フィッシングマックス|月別アーカイブ

フィッシングマックス|カレンダー

  • 2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • フィッシングマックス|ランキング

    フィッシングマックス|お客様釣果情報

    マックス釣り教室

    チヌのエビ撒き釣り仕掛

    チヌのエビ撒き釣り仕掛
    イラストをクリックで拡大
    磯竿 0.8号~1.5号 4.5~5.3m
    中型
    スピニングリール
    レバーブレーキがベター
    道糸 2~3号
    ウキ止め糸 ウキ止め糸又はゴム(どちらでもよい)
    ウキ止めゴム ウキ止め糸又はゴム(どちらでもよい)
    棒ウキ (羽根ウキ)3B~2号 (オモリに合わせる)
    遊動スイベル  
    からみ止め 仕掛のサルカンより上、ウキの長さ分より少し長い位置につける
    中通しオモリ 3B~2号
    調整オモリ ガン玉 2~5号
    ※特に必要ないですが、仕掛のなじみを早くするためにハリスの真ん中に打ちます。
    サルカン  
    ハリス 1~2号 1~2m
    チヌ鈎 0.5~3号(シラサエビの大きさに合わせる)
    糸付き鈎 鈎結びの手間が不要です。

    自立棒ウキタイプは、
    ○ 強風時や、遠投したい時に正確に投入できる(ウキに重さがある為)
    ○ ウキが固定だと、投入後に即マキエの動作に入れる(遊動だといくらかラインを出したりする作業が必要)
    ○ ガン玉の段打ちは仕掛を速くスムーズになじませるため。二枚潮攻略にも有効。
    ● 竿の長さ分の少し長めのタナまでしかとれない。

    エサ
    サシエ:シラサエビ・地エビ・夜は青イソメ・イチヨセ マキエ:シラサエビ
    必釣アドバイス
    ☆ポイントの水深を把握し、ウキ下を底付近に設定する。サシエが底から跳ね上がるシャープな誘いが良い。
    ☆活エビの場合、ウキが完全に消しこむまで喰わせると空振りが少ない。
    ☆12月~2月の水温が低い時期はタナが深くなるので、底撒器を使用してまきえをすると効果的です。
    釣期
    ○ 1年中狙える。特に春の産卵期(4~6月)や越冬準備をする秋(9~11月)は、大型が数多く釣れる。
    ○ エビ撒き釣りは、寒の時期(12~2月)は特に有効。
    狙い場所
    ○ ある程度水深があり、潮通しがよく底に変化がある所。スリットになっているケーソンやテトラなど、障害物が多く、
     地形の変化に富んだポイントは特に良い。
    オススメポイント
    垂水一文字 和田防 南芦屋浜全域 武庫川尻 丸島
    フェニックス新波止
    小松埠頭 大津川尻 岸和田一文字
    貝塚人工島 泉佐野食品コンビナート 泉佐野一文字
    雑賀崎 和歌浦 水軒周辺

    チヌの釣り師のこだわり魚料理

    ハネ・スズキのエビ撒き釣り仕掛

    ハネ・スズキのエビ撒き釣り仕掛
    イラストをクリックで拡大
    磯竿 1~2号 4.5~5.3m
    中型
    スピニングリール
    レバーブレーキがベター
    道糸 2~3号
    ウキ止め糸 ウキ止め糸又はゴム(どちらでもよい)
    ウキ止めゴム ウキ止め糸又はゴム(どちらでもよい)
    棒ウキ (羽根ウキ)0.5~2号(オモリに合わせる)
    遊動スイベル  
    からみ止め 仕掛のサルカンより上、ウキの長さ分より少し長い位置につける
    中通しオモリ 0.5~2号 (クッション付オモリでもよい)
    サルカン なし~4号
    ハリス 1.5~2号 1~3m
      鈎から20cm上部に、ガン玉(G5)を打ってもよい。
    チヌ鈎 1~3号 
    活エビ専用鈎 6~8号
    糸付き鈎 鈎結びの手間が不要です

    自立ウキや円錐ウキにするのは、
    ○ 強風時や遠投したい時に、正確に投入できる(ウキに重さがある為)
    ○ できるだけウキが遊動する距離を短くしておくと、仕掛投入後にマキエの動作に入りやすい。
    ○ 鈎上20cmに小さなガン玉を打っておくと、仕掛を張った状態で流せるので、ハネがくわえただけの当りがとれる。
     又、藻などに鈎が引っかかったり、はずれたりなどの状況がウキに出るので、底ギリギリを流す時に良い。
    ● 竿の長さ分の少し長めのタナまでしかとれない。

    エサ
    サシエ:シラサエビ・地エビ・夜釣りは青イソメ マキエ:シラサエビ
    必釣アドバイス
    ☆エビ撒き釣りは、マキエで魚を寄せる釣りではなく、回遊をその場に留める釣りというイメージを持つ。
     従って、マキエは定期的にする。(1投ごとか3~5分ペースで撒く)
    ☆ハネ・スズキは、目線より上のエサに敏感に反応するので、喰いが立ってきたら、タナを少し浅くする。
    ☆状況によっては、狙うタナの少し上に底撒器を使用してマキエをするのも効果的。
    ☆鈎につけられた活エビは、動きが極端に悪くなるので、30秒~1分おきに必ず誘いをかける。
    ☆最初は、浅いタナから開始し、何投かして当りがなければ少しずつタナを深くしていく。
    ☆ハネ・スズキは群れで行動しているパターンが多いので、1尾釣れたらマキエを多めにして群れをその場に留める。
    ☆青イソメで狙う夜のウキ釣りも大型がよく釣れる。(電気ウキを使用)
    釣期
    ○ 1年中狙える。春の4~5月頃と空きの9~11月頃はもっとも数が釣れる時期。
    ○ 水温の下がる寒の時期は、産卵を控えた大型が良く釣れる。逆に夏は小型が多い。
    ○ 春は産卵後の体力回復の為、秋は越冬準備の為に荒喰いが始まる
    狙い場所
    ○ ある程度水深があり、潮通しがよく底に変化がある所。
    ○ テトラや石畳の波止なども良い。
    ○ 停泊中の船舶の周りは特に釣れる事が多い。
    ○ 春先の河口付近は、越冬中に体に付いたヒルを落としにくる場所でもあるのでかなりの確率で大型の群れに出会える。
    オススメポイント
    アジュール舞子 垂水漁港 兵庫突堤 和田防 ポートアイランド
    南芦屋浜全域 武庫一 西宮ケーソン 武庫川尻 フェニックス新波止
    泉大津人工島 小松埠頭 なぎさ公園 大津川尻 岸和田一文字
    貝塚人工島 泉佐野食品コンビナート 泉佐野フェリー乗り場
    紀ノ川河口 水軒 雑賀崎 田ノ浦

    ハネ・スズキの釣り師のこだわり魚料理