フィッシングマックス|モバイル会員
フィッシングマックス|ルアーページ
フィッシングマックス|webショップ
フィッシングマックス|泉大津一時閉店
フィッシングマックス|四季の釣り商品紹介
フィッシングマックス|免税店
フィッシングマックス|岸和田渡船
フィッシングマックス|詳細釣果一覧

フィッシングマックス|月別アーカイブ

フィッシングマックス|カレンダー

  • 2017年3月
    « 2月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • フィッシングマックス|ランキング

    フィッシングマックス|お客様釣果情報

    マックス釣り教室

    キスの投釣り仕掛

    キスの投釣り仕掛|ちょい投げ
    イラストをクリックで拡大
    投げ竿 15~25号 3.6~4.2m
    中・大型
    スピニングリール
     
    道糸 3~5号
    天秤オモリ ジェット天秤 10~15号
    スナップサルカン (仕掛けについている)
    市販のキス仕掛 7~8号(2~3本鈎)
    キスの投釣り仕掛|引き釣り
    イラストをクリックで拡大
    投げ竿 20~35号 3.6~4.2m
    中・大型
    スピニングリール
     
    道糸 PE1~2号
    力糸 (テーパーライン) ナイロン1~6号
    オモリ付遊動天秤 20~35号
    スナップサルカン (仕掛けについている)
    市販の投げ仕掛(引き釣り・競技用) 7~8号(5本鈎以上)

    ○ 引き釣りは、PEラインを使用するのが望ましい。
    ○ ポイントが遠いことが多い釣りなので、遠投できるタックルを使用する。
    ○ 竿の強度とオモリの重さが合っていないと、仕掛がうまく引っ張れないのと、キスが乗りにくい。

    エサ
    石ゴカイ・チロリ・青イソメ・マムシ・エビのむき身・モモコ
    必釣アドバイス
    (投げ釣り)
    ☆基本的には砂地を狙い、竿は複数本出す。
    ☆石ゴカイを2cm程度に切って喰い込みをよくする。
    ☆掛けあがりでしばらく待ち(5分くらい)、当りがなければ次の掛けあがりで待つ、を繰り返す。
    ☆キスは足で釣れ。ポイント移動は頻繁に。
    ☆夜は置き竿で大型を狙うのもよい。
    (引き釣り)
    ☆砂浜や、外海に面した防波堤から遠投し、底をゆっくりとしたスピードで仕掛を引いてくる。
    ☆虫エサは、1cm程度に切って鈎を隠すように縫い刺しする。
    ☆途中で当りがあっても鈎の数だけ我慢して、出来るだけ長い距離を引いてくるようにする。
    ☆ベラ・ガッチョが多い時は、引くスピードを早めると良い。
    釣期
    ○ 5月初旬から釣れ始める。
    ○ 夏場に数釣りのピークを迎え、秋の落ちギスシーズンには大物が釣れる。
    狙い場所
    ○ 漁港の波止の沖向きなどは砂地が多く特に良い。
    ○ 砂浜は、時期さえ合えば100%の確率で釣れる。
    ○ 底に起伏やかけあかりがあるところなど。
    ○ 砂浜で遠浅は引き釣りに最適。水深のある防波堤は大型が狙い目。
    オススメポイント
    大蔵海岸 舞子浜 アジュール舞子 塩屋海岸 須磨海岸
    須磨一文字 林崎漁港 松江海岸 須磨と平磯公園
    高砂 貝塚人工島 泉佐野フェリー乗り場 樽井
    紀ノ川河口  和歌浦 片男波 海南マリーナ

    キスの釣り師のこだわり魚料理

    カレイの投釣り仕掛

    カレイの投釣り仕掛
    イラストをクリックで拡大
    投げ竿 15~30号 3.6~4.2m
    中・大型
    スピニングリール
     
    道糸 3~5号
    力糸(テーパーライン) 3~12号
    天秤オモリ ジェット天秤 15~30号
    ※流れの速い場所では、スパイク天秤を使用
    市販の投げ仕掛 カレイ用 9~12号
    カレイの投釣り仕掛|遊動天秤
    イラストをクリックで拡大
    投竿 25~35号 3.6~4.2m
    中・大型
    スピニングリール
     
    道糸 2~3号
    力糸 (テーパーライン) ナイロン 3~12号
    オモリ付遊動天秤 20~35号
    サルカン (投げ釣り仕掛けについている)
    市販の投げ仕掛 カレイ用 9~11号

    ○ 遊動天秤を使用することにより、当りがダイレクトに出やすく、エサの喰い込みも良くなる。

    エサ
    マムシ・青イソメ・石ゴカイ・コガネ・青コガネ・ユムシ・コウジ・ボケ・モモコ
    必釣アドバイス
    ☆仕掛投入後、リールを巻いて障害物に当たるところで糸を張って当たりを待つ。
    ☆満潮と干潮の前後と朝まずめを狙って釣行すると釣果が出やすい。
    ☆潮が動き出す時や止まりかける時などの短い時間に連続して釣れることが多い。
    ☆ミオ筋やかけ上がりを狙う。
    ☆竿を2本以上出し、1本は青いそめ、もう1本はマムシのみでエサを分けてやる。又は、2本鈎の上下で2種類のエサを
     付ける。
    ☆鈎に虫エサをつけるときは、チョン掛けではなくしっかりと鈎の上部まで縫い刺しをする。マムシは切って2~3cm
     程度で良い。
    ☆カレイにアピールするために、エッグボール付きの鈎やけばりを使用すると良い。
    釣期
    ○ 秋口の10月頃より本格的に釣れ始めて、晩秋~12月松の産卵期にかけて数釣りと大型のピークを迎える。
    ○ 冬に1度釣果が止まるが、3月頃より再び釣れ始め、「戻りカレイ」や「花見カレイ」と呼ばれて、5月頃まで釣れる。
    狙い場所
    ○ 基本的に砂地が近くにある場所を狙う。
    ○ 漁港等のミオ筋や外海に面した防波堤やテトラから沖のかけ上がりを狙うのも有効。潮目もポイント。
    オススメポイント
    松江海岸 林崎漁港 明石ベランダ 大蔵海岸 舞子浜 アジュール舞子
    須磨一文字 須磨海岸 塩屋海岸 須磨と平磯公園
    貝塚人工島 泉佐野食品コンビナート
    泉佐野フェリー乗り場 樽井 淡輪
    青岸 海南マリーナシティ

    カレイの釣り師のこだわり魚料理